椋鳩十


日本の村々に 人たちが 小さい小さい よろこびを 追っかけて 生きている ああ 美しい 夕方の 家々の窓の あかりのように