華氏119とアメリカ中間選挙

11月2日から一般公開されたマイケルムーア監督の「華氏119」を3日に見に行ってきた。前作「シッコ」「華氏911」も、もちろん見ている。今回の上映は、アメリカの国内が如何に混乱しているかを明らかにした。日本のマスコミではトランプ氏の強引さがこれほどまでに酷いとは報道されていない。

内容については後に述べるとして、上映に際しての記者のインタービューに答えるマイケル・ムーア監督の話を聞いてもらいたい。

――この映画で、日本の人たちに伝えたいことは?
この映画は、究極的にはファシズムについての映画だ。それも”21世紀のファシズム”だ。
トランプのような人間が、人を自分の味方につけ、社会を引き継ぐかたちをとっている。それも、人を強制するのではなく、「僕についてきてくれれば、僕は君たちのためにこんなことができる」というかたちなんだ。

非常に危険な事が起こっている。アメリカ以外の国でも同様なことが起こりつつある。
そういう意味で、この映画は日本にむけてのメッセージが多くこめられた映画だと思う。アメリカで起こっているようなことが日本で起こらないための警告だよ。
この映画を観た日本の観客が、首相に「トランプ大統領と距離を置いてほしい」という懇願の手紙を出してくれればと思う。
今のところ、安倍首相はトランプ大統領の親友の一人のように見える。よい事ではないね。

――“21世紀のファシズム”と表現されましたが、映画の中では、ヒトラーとトランプの共通点を指摘していますね。どういう意図でしょうか。
僕は、トランプがヒトラーのようだとは思っていない。その逆だ。ヒトラーはトランプのようだと言っているんだよ。
映画では、トランプの声がヒトラーの口から出てくる。もしトランプがヒトラーのようだと言いたいなら、トランプにハナヒゲやハーケンクロイツや腕章をつけたと思う。それはしなかった。

だが、あの時代のドイツと現代のアメリカには共通点があると思う。教育をうけた文化的な人間が、非常に悪い判断を下した、という点で。

――映画には、中間選挙の「台風の目」として注目される、白人男性候補を破ったヒスパニック系の20代女性も登場します。ムーア監督は、11月6日の中間選挙をどう予想しますか。
まだ分からないが、女性や若者が多く投票して津波のような効果をもたらすかもしれない。

——–

以上のムーア監督の発言は如何にも過激に聞こえるかもしれない。しかし華氏119では、事実としてのアメリカの矛盾を余すことなく描いて見せている。その代表的事件として、ミシガン州フリント水道鉛汚染問題と、フロリダ州の高校の生徒たちの銃の規制強化を求める「我らの命のための行進」が紹介されている。

格差の拡大が根底にあり、トランプも、つまるところ1%の味方で決して弱者の味方でないこと、民主党の主流も例外でなく、美辞麗句を並べても痛みを分かち合う姿勢など微塵もない現実に、民衆の不満が沸騰している。

■ 水道水が高濃度の鉛で汚染され、非常事態宣言が出されているのだ。
この汚染の直接の要因は、フリントの財政破綻により五大湖の1つ、ヒューロン湖から水を調達することが不可能になったため、代わりにフリント川を水源にしたことにある。この川の水質が非常に悪いため、老朽化していた水道パイプの鉛が溶け出すという事態になった。

映画の中で、マイケルムーア自身もこの問題に対するデモに参加し、共和党のリック・スナイダー州知事を逮捕せよと叫んでいる。バキュームカーで押しかけマイケルムーアみずから、汚染水を州知事宅に放水している姿を見ると、怒りの強さが伝わってくる。

 たしかにこの事態を招いた知事の責任は重いが、だからと言って民主党がこの問題を解決したかというとそんなことはない。映画は水質汚染問題におけるオバマの残念な姿を捉えているが、結局のところ共和党も民主党もフリントで苦しむ人々からすれば、同じ穴のムジナでしかない。

 そもそも、1989年に製作されたアメリカ映画(マイケルムーアのドキュメンタリー作品、地元フリントの衰退とGMの首切り)『ロジャー&ミー』の時代から30年が経とうとしている。その間、フリントの財政が向上することはなく、失業問題には手を付けられず、町の状況は悪化の一途をたどった。政治家たちは何をしていたのか。ムーアはこの惨状に対して本気で怒っている。その怒りの矛先は、トランプの友人、スナイダー州知事だけではなく、民主党にも向けられている。

■ 2018年2月、フロリダ州バークランドにあるマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で、退学処分になった元生徒がライフル銃を発砲し、17人が殺害される事件が発生。
高校の生徒たちは、銃の規制強化を求める「我らの命のための行進」を企画すれば、銃を規制しない議員たち、つまりは、全米ライフル協会(NRA)の支持と献金を受けるトランプを筆頭とする共和党員たちを落選させようと訴えている。

彼ら高校生たちの大半は、2018年11月6日に行われる中間選挙までには18歳になり、投票権が与えられる。
彼らは、2020年の大統領選でのトランプ再選を阻止しようと、すでに動き出しているのだ。

■ マイケルムーアが描く現在のアメリカは、民主主義が腐敗し、銃乱射事件が後を絶たない後進国のようだ。だが、作品の終盤でナチスドイツを引き合いに出し、トランプをヒトラーになぞらえることまでしつつも、全体を通しては一縷の光も見出している。

それは例えば、今年2月にフロリダ州の高校で17人の命を奪う銃乱射事件が起きたあと、ソーシャルメディアを通じて全米に銃規制のムーブメントを起こした高校生たちであり、中間選挙に向けたニューヨーク州の民主党予備選でサンダースのような公約を掲げて党候補の座を勝ち取った無名候補、ヒスパニック系のアレクサンドリア・オカシオ・コルテス(28)だ。

——–

日本の報道はマイケル・ムーアの訴える米国の惨状を一切報道しようとはしていない。そればかりかリベラル派の知識人までがトランプは「隠れ多極化主義で、意図的に激しい発言や体外強硬策を繰り出してはいるが、本質的にはグローバル金融資本や戦争勢力と対峙している」との見方さえ示されている。

私もこの映画を見るまではそのような見方に影響されていたが、もしそうだとしても部分的な現象であり、トランプの言動が意図してではなくたまたま良い方向にはたらいている様に見えるだけではないのか?。

そしてやはりトランプは、本質的には非人間的であり、破壊的であるという面は直視しなければいけないと思い始めたのです。

ツイート

Posted by 8kei