ツイート

年の瀬にあたり、激動する社会の変化に備え、私自身がこれからどう生きるべきかを真剣に考えてみました。参考になるかどうかは分からないが、「余命少ない老人の覚書」として、うけとっていただければ幸いです。
先ず、このサイトで何度も紹介した「ある投資家の警告」を再度記します。本テーマのヒントとなると考えたからです。
—————-

まだインターネットが使えない人がいる。主に高齢者や貧困層が時代に取り残された。彼らは「自分には無縁だ」「分からないから使いたくない」という意識が強いので、いつでもインターネットを使える環境を整えられたとしてもそれをしない。

その結果、完全に時代に取り残されて不利益の中で生きている。今 まさに、時代に取り残されようとしている人たちもちろん、インターネットができなくても、現代社会で生きていこうと思えば生きていける。現に、高齢者の中には「一度もインターネットなるものを使ったことがない」という人も多い。自分たちの子供や孫がそれを使って楽しんでいるのを横目で見ながら、あるいは街で若年層がスマートフォンで何かしているのを見ながら、自分たちは絶対にしない。

それで生きていけないのかと言われれば、そんなことはない。生きていける。しかし、この時代にインターネットを使わないで生きるというのは、あまりにも非効率で前時代的で危険な生き方だ

インターネットをしている人間は彼らの非効率さが分かるのだが、インターネットをしない人間は自分の非効率さが正確に分からない。時代に遅れているのは薄々勘づいているのだが、どれだけ遅れているのかというのは分かっていない。インターネットを知らないのだから分からなくて当然だ。

これから来る金融分野のイノベーションは、それと同じインパクトがある。紙のお金だけしか使わない人は、どんどん世の中から遅れていき、自分がどれだけ前時代的で危険な生き方をしているのか知らないまま取り残されていく。
————————-

来年は激動の始まりの年です。私が生まれた1930年代の昭和大恐慌と酷似した経済状況が迫っててきています。前の投稿でその実態を報告したつもりですが、日本の中央銀行の債務超過=デフォルトが我が国にとって如何に危険な事態か分かっていただきたいのです。

日銀が独立性をかなぐり捨て政府と一体になって進めた超金融緩和は、戦時経済と同様な金融の膨張を招き、国民に大きなツケを残しました。ここで戦時経済の歴史をたどってみましょう。

第二次大戦は、膨らみ続けた戦時経済そしてその破綻、後始末には国民に筆舌に尽くしがたい艱難辛苦と痛みをもたらしたのです。

(以下日本総合研究所調査部主任研究員 河村小百合氏のレポートより)
第二次世界大戦当時の1944年度末において国の債務残高は国内所得の260%を超える水準であった。昭和21年10月19日には、「戦時補償特別措置法」が公布され、いわば政府に対する債権者である国民に対して、国側が負っている債務金額と同額の「戦時補償特別措置税」が賦課された。戦時補償債務については、これを切り捨てる決断を下し、国民に対して政府の負っている債務と同額での「戦時補償特別税」の課税も断行した。そして、これらの課税に先立ち、順番としては一番先に、預金封鎖および新円切り替えが行われている。

歴史から学ぶべきことは「悪い情報には目をつぶる習性」を捨て現実を直視することが必要です。ここで話をガラリと変えて、危機情報をいかに獲得するか、動物の生態を参照してみましょう。

体長70㎝ほど、翼開長130㎝もある大型のサギの仲間、サンカノゴイ。個体数は決して多くはなく、環境庁の絶滅危惧種のカテゴリーでは、絶滅危惧IB類(EN)に指定されています。サンカノゴイは危険を感じると、長く首を垂直に立て周囲の枯れた葭などに同化するかのように直立不動の姿勢で、身を守るといわれています。

タイトルの写真は伸び始めた若い稲の中から、周囲を窺うために頸を持ち上げたところで、非常に用心深いため日中その全身を観察することは容易ではありません。

鳥類でさえ自分や子孫を守るため懸命に外界の様子をサーチし、情報を集めているのです。小鳥が巣から頭を出しあちこち見回している姿を見た覚えがあるでしょう。雛を守るため。その姿は真剣そのもの、生きるために自然に備わった本能のようなものです。ぬるま湯につかった、茹でガエルのような人間は、この自然界の本能を失ってしまったのかもしれません。

それではどの様に情報を集めたら良いのかを検討してみましょう。そこで注目されるのが、情報収集能力です。ただ闇雲に大量の情報を集めるだけなら誰にでもできる環境が整っているのですが、重要なのはこの洪水のようにあふれている情報の中からいかに自分に必要な情報を探し出して収集することができるかという部分です。

自分の糧となる情報収集のために必要なことをまとめてみると、以下のようになりました。

自分の意見を持ち、それをベースに情報に接する
特定の情報源に偏らず、幅広い視野を持つ
さまざまな情報から共通点を見出し最大公約数を導き出す
全体像を常に意識して「木を見て森を見ず」に陥るのを防ぐ

言い換えれば、白か黒かでなく、このサイトのテーマともなっている「多様性を認めること」が、役に立つ情報の収集の必須条件なのです。

私は情報収集のカギは検索技術にあると思っています。それは and or not のようなテクニカルな問題ではないのです。結論を言えば、「検索キーワード」を如何に適正化するかです。如何に適正な「検索キーワード」を見つけ、それで効果的な検索をするかです。

検索は試行錯誤を重ね、キーワードを最適化するプロセスが重要です。人と人とのコミュニケーションから得られる情報は、質の高さが大きな魅力です。より質の高い情報を得るためには自分から人脈や人間関係を作っていく必要がありますが、それゆえに得られる情報の価値は高く、失いたくない情報チャンネルです。

「知って、行って、見て、会って」と動き出す勇気を持つことです。行動こそ激動の時代を生き抜く秘策ではないでしょうか。

鳥のように危機感を持とう。そして外界に関心を持とう。徹底的に検索し情報を集めよう。そして身を守ろう。くれぐれもゆでガエルにならないよう!

新年は「人工知能がどの様に社会を変えるか」について勉強した結果をご報告します。

経済

営業毎旬報告(平成30年12月10日現在)日本銀行            (単位千円)

■資産
金地金
441,253,409
現金1
265,291,398
国債
471,099,205,342
コマーシャル・ペーパー等2
2,467,234,256
社債3
3,228,191,598
金銭の信託(信託財産株式)4
921,731,057
金銭の信託(信託財産指数連動型上場投資信託)5
22,944,538,327
金銭の信託(信託財産不動産投資信託)6
496,015,944
貸付金
46,577,364,000
外国為替7
6,770,245,345
代理店勘定8
381,481,974
雑勘定
742,074,221
合計
556,334,626,877
■負債および純資産
発行銀行券
106,364,487,100
当座預金
376,702,628,406
その他預金9
23,580,451,429
政府預金
39,131,588,076
売現先勘定
54,631,250
雑勘定10
2,076,270,123
引当金勘定
5,201,797,693
資本金
100,000
準備金
3,222,672,796
合計
556,334,626,877
上は、営業毎旬報告(平成30年12月10日現在)つまり日銀の最近の営業報告書(バランスシート)です。

主な費目を抜き書きして日銀の実態がどうなっているのかを検証してみたいと思います。
現在の数値だけ見ても実態が掴めないので第2次安倍政権発足直前の2011年の数値と比較して見ました。その結果、隠された金融危機の姿が浮かび上がりました。

日銀の総資産:2011年は145兆円でしたが2018年12月は556兆円(3.8倍)に膨れ上がっています。これはアベノミクスの目玉であった超金融緩和の結果です。後で示す総資産が純資産8兆円(内引当金3兆円)に対して異常に膨らみすぎている事、しかも資産内容を見ると国債とETFなどの株式や債券で約90%を占めている事など、資産内容が非常に不安定なものとなっています。
株価の下落、国債や債券が売れなくなった場合、対処不能となるのです。超金融緩和を見境なく行った結果日銀の財務体質がぜい弱となり債務超過寸前の状況に陥ってしまったのです。当然これは深く国の財政にもひびいてくるわけです。

国債:2011年の92兆円に対し2018年は471兆円(5.1倍)に増加しております。アベノミクスの遂行のため日銀の独立性を放棄してまで国の政策と一体化して後先を考えず突進した結果です。「黒田バズーカ」とはこのことを表現した言葉でした。アベクロ金融政策の結果後世に大きなツケをまわすことになったのです。

株式・債券:2011年の8兆円が2018年は25兆(3.1倍)に増加しております。民間企業からの社債の購入などを含めれば30兆に及ぶと云われています。この費目の中には経産省からの圧力による中央銀行がやってはいけない不明瞭な取引、インサイダー取引、利権がらみなど訳の分からない内容が含まれている恐れがあるのです。

負債の部では当座預金があります:市中銀行からの預り金です。これが2018年12月現在376兆円あります。この中には市中銀行が納めるべき法定準備金が含まれておりますが、日銀にとっては文字通り負債です。問題は日銀券の発行以外に市中銀行から預かった当座預金を原資にして国債やETFなどを購入していると云っても過言ではありません。

資本の部では引当金等の純資産があります:先にも述べたように準備金は3兆円です。資本金等をふくめた純資産は8兆円です。日銀の総資産に対してこれが如何に過少かが分かります。国債価格や株価の下落があったら(現にこれは起こりつつあります)日銀は一夜にして債務超過に陥るのです。

悪い予測ばかり並べたててけしからんと言われるかもしれません。しかし2019年は次の世界経済予測を見ても世界恐慌が現実のものになると云う投資家や経済アナリストたちの発言が増えているのは見逃せない事実です。次のコラムも参考にしていただきたいと思います。(この投稿は12月15日、藤原直哉氏の講演会で得た予測に基づいて構成したものです。藤原直哉氏の慧眼に敬意を表するとともに感謝いたします。)