天に向かって唾

天に向かって唾を吐いても空を汚すことなど出来ず、吐いた唾が自分の顔にふりかかってくることから、『四十二章経』に「悪人の賢者を害するは、猶し天を仰いで而も唾せんに、唾、天を汚さずして、還って己が身を汚し、風に逆らって人に塵くに、塵、彼を汚さずして、かえって身に塵するがごとし」とあるのに基づく。

この種の言葉は多く見られ、 因果応報とは、原因に応じた結果が報いる ということ、 自業自得とは、自分の行い(業)の結果を自分が受けなければならない・・自得と言うことです。こちらは仏教用語です。

現代語として一般的に用いられる同意語としては「ブーメラン現象」が挙げられるが、若者の間では「ブーメラン」の表現が用いられ、SNSである主張をして、それに対して炎上した場合など「ブーメランだ」と云った使い方をするらしい。

世の中が複雑になってくると「ブーメラン」の恐れが各所に現れてくるので要注意である。

■ 日本経済新聞は先週から次のように報じている

日本政府は7月4日、外為法上の輸出管理対象となっていたフッ化ポリイミドとレジスト、フッ化水素について、韓国への輸出規制を強化する手続きを開始した。

対韓国輸出を包括的許可から契約ごとの個別審査に切り替えると同時に、韓国をホワイト国から外す手続きに入るという。これに反発した韓国は、本件をWTO(世界貿易機関)の紛争解決手続に付託する方針だ。

このニュースの後、次のようにブーメラン現象を報じた

韓国企業は半導体で高いシェアを持ち、半導体売上高はサムスンが世界で首位、SKが3位だ。データを保存するメモリー半導体に強く、DRAMは韓国勢が世界シェアの7割、NAND型フラッシュメモリーは5割を握る。スマートフォンやテレビ、パソコンなど幅広い電子機器に搭載されている。

ある日本の電機大手は「韓国からメモリーなどの供給が滞ってアップルのiPhoneの生産が減れば、自社の部品供給にも影響する可能性がある」としている。(半導体の減産による値上げの動きは世界のサプライチェーンに影響を与え、驚異となっている)

更に韓国政府関係者は11日、「ロシアが最近、外交チャンネルを通じて自国製のフッ化水素を韓国企業に供給できるという意思を政府側に伝えてきた。韓国政府も日本がフッ化水素の供給を一時中断した昨年11月以降、日本製の輸入を代替するルートを探してきた」と話した。

今月10日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領主宰で行われた経済界の主要関係者との懇談会でも、ロシア製フッ化水素の輸入問題が言及された。輸入先の多角化対策が論議されている中、キム・ヨンジュ韓国貿易協会長が「ロシア政府が駐ロシア韓国大使館を通じて、『フッ化水素の生産においては、ロシアが日本よりも優れた技術を保有している。日本製より純度の高いロシア産フッ化水素をサムスンに供給する用意がある』と伝えてきた」と述べた。

ウォールストリート・ジャーナルなどが、今回の日本政府の対応は、安全保障を口実にした通商制限であり、トランプ流への追随と評しているが、こうした見方の広がりが強く懸念される。

■ 次はブーメランと云うより「因果応報」の事例だ。

日銀による株式(ETFなど)の大量購入は中央銀行が主導して株バブルを作り出すことを意味する。しかしそれは中央銀行の機能を麻痺させ、株式市場を歪めている。

株式市場は実体経済から乖離し、しかも官製相場によって市場の動きが見透かされ、外資系ファンドの格好の餌食となった。相場が下がれば日銀が買い支えるので売り抜けられ、空売りを仕掛け確実な儲けを得ることが出来る。東証の空売り比率は19年1月で4割弱を占めている。

現代の株取引はAIを駆使したCATと云う「さや抜きファンド」の取引が急増し、超高速取引によって上昇傾向があるときはより早く買い、下降傾向にあるときはより早く売り抜けるのだ。官製相場はまるでインサイダー取引を誘導しているようなものだ。

こうしたファンドが株式市場・金融市場を支配しており、株価はより近視眼的動きを強めている。日銀はこのような環境の中で、ETFなど金銭信託のリスク資産を売却することすら困難となり、出口を完全に失っている。もう一度云っておくが、「因果応報」とは仏教用語で、「原因に応じた結果が報いる」ということだ。

時事

Posted by 8kei