近づく世界金融危機

ニューズウィーク(2019年8月26日)
本誌9/25号(9/19発売)は「リーマンショック10年 危機がまた来る」特集。貿易戦争、新興国リスク、緩和バブル……グローバル経済を直撃した未曽有の危機は再び人類を襲うのか。迫り来る「次」の金融危機の足音。と云う特集を組み、その中で【年表】リーマンショック10年 経済崩壊から再生までに起きたことを詳細にリストアップしています。
<金融危機には「10年サイクル説」があり、そうであれば次なる危機はいつ訪れてもおかしくない。前回の金融危機以降、各国はどんな救済策を取ってきたか。危機発生からの10年を振り返る。>がサブタイトルです。

この年表は、世界の先進国の金融政策が一貫して延命策としての金融緩和を続けてきたことを如実に物語っております。
債券相場は大幅上昇。長期金利は約3年ぶり低水準を更新し、過去最低水準に接近しています。米中貿易摩擦の激化を背景に米長期金利が大幅低下したことも、後で述べる逆イールド発生の原因ではないでしょうか。

こんなニュースが伝わった先週、寺島実郎一氏(般財団法人日本総合研究所会長)から世界経済の実態を示すデーターの紹介がありました。
IMF発表の世界経済の成長率は今年1月が3.5%に対し4月が3.3%、最新値が3.2%、一方日本のGDP予測については、4月の1.0%を最新値0.9%に下方修正しました。
更に12日、BIS(国際決済銀行・スイスのバーゼルにある中央銀行中の中央銀行)発表の世界の債務総額は180兆ドル(1京9千兆円)で2007年比1.6倍、世界のGDPの4倍にも及ぶ急膨張をもたらしました。この天文学的世界債務膨張は、世界の中央銀行が揃って異次元の超金融緩和を行った結果です。株価は30%UPしたが、金融経済と実体経済の乖離が極端に進んだことがその背景にあります。

米国では8月14日に逆イールドが発生したことが報道されました。米10年債の金利が2年債の利回りを下回ったのです。過去50年来、逆イールドが起こると数年後に必ず景気後退が激化することが歴史上証明されているのです。リーマンショックも例外ではなく、金融破綻の1年前の2007年に逆イールドが発生しています。原因としては調達金利が運用金利を上回ると金融機関の経営が成り立たなくなるのです。銀行は資金を貸すことができなくなり、実体経済にダメージを与えるのです

1930年代の世界不況が第2次世界大戦への経済的土壌を作ったと云う見解はよく聞かれることです。その恐怖の過ちを二度と繰り返してはなりません。
貿易赤字国も黒字国も、等しく貿易収支を均衡化する責任を負っているわけですが、米中貿易戦争はこれに逆行する危険な動きと云わなければなりません。

IMFによる「バンコール」「SDR」などは対策として有効なのか今のところは不明です。「リーマンショックの火元は日本」と云う見解があります。歴史を辿れば震源地は日本だったと言えるのではないでしょうか。リーマンショックは2008年9月のことでした。リーマンショックに至る過程では、日本の金融政策は世界初の量的緩和未知の領域に踏み込んでいました。更に日本はアジア通貨危機のとき、世界初のゼロ金利政策を導入していました。その結果ヘッジファンドたちが円キャリートレードに向かったのです。日本の中央銀行は意図的、直接的にカネ余り状態をつくり出しました。これが世界にも溢れ出し、ジャパンマネーはアメリカに殺到しバブルを一層煽ったのでした。

27日のニュースでは、日経平均株価20181円(8ヶ月ぶりの安値)、ドル円為替相場105.2円を報じました。円高・株安が止まりません。前回同様若干の揺り戻しはあるもののトレンドは変わらないでしょう。いずれ為替は円安に急激に反転するかもしれませんが、官製相場が破綻すれば、次の円安は株高を伴わない円安です。
当面は100円の円高に向かって進むでしょう。そして、円高は日本の不況を増幅し金融危機を招くとの投資家スジの予測が多く聞かれます。これは日本の超金融緩和が自ら招いたブーメラン現象です。自作自演とも云えます。いずれ世界の金融危機の責任を取らなくてはならない羽目に陥るのは日本です。

最後に「逆イールドで相場は暴落—あなたの生活に直撃」と云うYoutubeを見つけたので紹介しておきます。わかりやすい解説です。

ピープルパワーTV:逆イールドから始まった経済危機。ドイツ銀行破綻は?中国経済は?リーマンショックを超える危機

https://youtu.be/2du-AmAH_Qw

「バンコール」「SDR」
については機会があれば後日説明をいたします。

経済

Posted by 8kei