生活


PayPayとは何でしょう?

QRコードを使った決済には「ストアスキャン型」と「ユーザースキャン型」があります。

ストアスキャンは店側に読み取り機があり、ユーザーがスマホなどでユーザーの情報が入ったQRコードを提示する方法です。これには店側に読み取り機の設置費がかかり、手数料がかかると云うデメリットがあります。

一方、ユーザースキャンは店の負担が少なく地方の小規模店舗でも楽に導入できしかも手数料が殆どかからないと云うメリットがあるのです。
この決済方式はソフトバンクとヤフーが組んで始めた方法です。なんと不思議なと云う疑問があるでしょう。「本当かな?」と疑問を持つのが当然です。
それではこれがどんな仕掛けか疑問点を解明しましょう。

1.やり方は簡単です。ユーザーはソフトバンクやヤフージャパンとの契約者でスマホや携帯電話を持っていることが条件です。決済は月々の支払に含めて自動的に引き落とされます。QRコードは店側に用意され(印刷物だからこれ以上の簡単さはない)そのコードの中にプロバイダーが指定するコードが含まれます。

2.スマホや携帯電話にはアプリが組み込まれ、上記の店側のコードを読み取るとプロバイダーの契約者かどうか認証が行われ、OKであれば購入明細が入力され、プロバイダーの決済システムに連結されます。NGであれば、その旨表示されます。店側はQRコードに組み込まれた何らかの暗証番号の一致不一致を自動的に確認できるようになっているのでしょう。認証の詳細は発表されません。

3.3年間手数料が無料と云う考えられないような仕組みのカギは広告料収入にあるのです。ヤフーがこの広告の仲介をします。勿論ユーザーには手数料はかかりません。ソフトバンク系のワイモバイルも参入しています。

QRコード(バーコード)決済と非接触ICカード決済とを比べると、決済スピードという点では「非接触ICカード」のほうが断然優れている。ただし、読み取り端末導入の初期費用が必要。もうひとつ、3.5%程度の加盟店手数料を支払わなければならない。

これに対して「QRコード決済」のほうは、ペイペイやLINEペイ、アマゾンペイなどQRコードが乱立するという恐れもあって、コードの規格を統一して使いやすくする、市場原理に任せて強いものに収斂されるのを待つ、など意見が分かれる。これをどうするかも今後の課題です。

考えられるシナリオは、QRコード決済と非接触ICカード決済の2つがうまく棲み分けして共存していくだろうということです。

クレジットカードを頂点にして、大手や中堅を含めた販売チェーンはクレジットカードと電子マネーが使える端末を設置してキャッシュレス化を進める。そうした店とは一線を画す形で、個人営業の立ち食いソバやラーメン店などの現金払いの店が、QRコード決済を取り入れていく。そうなれば、ユーザーは完全キャッシュレス化を満喫できるでしょう。

生活

日本との外交関係を樹立して2011年で25周年を迎えるブータン。本年は10月にご成婚されたジグミ・ケサル国王陛下と王妃陛下が11月に来日されます。国民総幸福量(GNH)という独自の考え方を国家の指標として打ち出し,世界中から熱い視線を集めるブータンとはどのような国でしょうか。

■仏教が息づくヒマラヤ奥地の王国
ブータン
ヒマラヤを背にしたブータン北部の町 写真提供:関健作/JICA
ヒマラヤ山脈南麓に位置するブータン王国は,九州とほぼ同じ面積(約3.8万平方km)でありながら,北部の高山帯は海抜7,000m以上,南部の亜熱帯は300mと標高差の厳しい地勢を持ち,多種多様な生物が生息しています。インドと中国という大国に挟まれた国土に生活する約70万人の約8割はチベット系住民ですが,ネパール系住民や少数民族も暮らす多民族国家です。正式な国名は,国旗にも描かれた竜の国を意味する「ドゥック・ユル」で,チベット系仏教(ドゥック派)を「国家の精神的な遺産」としています。宗教建築物や人々の習慣など生活のいたるところに仏教が根づいていますが,ヒンドゥー教など他の宗教の自由も保障されています。就労人口の約6割が農業に従事し,公用語はゾンカ語,普通教育はほぼ英語で行われています。(外務省HPより)