経済

日銀が保有する国債に関して、政府の負債と帳消しになって連結バランスシートには出てこないとし、これをもって日銀がすべて購入すれば政府の債務は解消すると云う論者もいる。
しかし日銀のバランスシートでは負債の部に市中銀行の当座預金が370兆存在し、法定準備金を除いた当座預金には金利がついている。現在においてはマイナス金利乃至ゼロ金利のため問題はないが金融緩和が出口を迎えれば金利はプラスとなる。つまり、国債が利付の超過準備金に置き換わっただけと云うことになる。
政府と中央銀行は金融政策によって準備預金金利を低水準に抑えようとするかもしれないが、グローバル金融市場の圧力(国境を超えた資金移動)に長く抗することは難しい。
日銀が自らの収益によって金利を払えなくなれば当然国が補填せざるを得なくなる。これは国の財政破綻につながる。「ヘリコプターマネー」、具体的には中央銀行による国債の直接引き受けと償還のない永久国債(コンソル)化も、債務を消すマジックにはなり得ない。
中央銀行は人為的に金利を抑えることができるがこのような「金利抑圧」は金利が統制されていた時代の政策であり、ヒト・モノ・カネが国境を超えた資金移動にさらされるグローバル経済になじむものではない。
中央銀行の独立性の維持はグローバル経済では基本条件であり、政府が日銀と一体化し金融政策を歪めている現状は持続性に欠ける。日銀の人事にまで政府が介入するに至っては言語道断と言わざるを得ない。