未来

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人工知能が発達し、人間の知性を超えることによって、人間の生活に大きな変化が起こるという概念を指します。シンギュラリティという概念は、人工知能の権威であるレイ・カーツワイル博士により提唱された「未来予測の概念」でもあります。

シンギュラリティの概念は巾が広く現実離れした単なる空想でしかないものと比較的現実的な実現可能な範囲の予測などが混在します。レイ・カーツワイル博士は比較的実現性を重視した未来予測を説いています。ただターゲットを2045年としている点で空想的と見られる傾向があるのです。

いずれにしても、2025年をターゲットとする実現性が高い近未来予測でも充分な意外性があるので、先ずこちらの技術的変貌、そしてそれがもたらす政治・経済・社会変化に注目したいと思います。

従来技術自体が情報化の中で急速な進歩を遂げ、もはや18世紀の産業革命を凌ぐ社会の変革をもたらします。

■ 18世紀半ばから起こった産業革命は蒸気機関の発明に端を発し、機械の能力が飛躍的に上昇しました。このことにより交通機関が馬車から蒸気機関車に変わったのです。フロンティアの拡大は、ケタ違いに上昇しました。更に人間の働き方は、家内労働から大規模な工場制工業にとって代わり、正にその名の通り「革命的変化」をもたらしたのです。

■ 19世紀の末頃から新しいフロンティアが、情報処理と通信に見いだされるようになりました。データーのサイズもメガバイトからペタバイトに拡大し、通信速度も5Gの時代を迎えるに至りました。

GAFA(グーグル・アップル・フェースブック・アマソ゛ン)など工場を持たない製造業や検索連動広告など新しいビジネスモデルが登場しました。

更に今新しく登場しつつあるユニコーン企業やAI・ブロックチェーン関連の企業は、18世紀の産業革命を凌ぐ社会の変革をもたらしたのです。

当然この変革は社会を根底から変える力を伴っております。シェアリングエコノミーとフィンテックがその典型です。

■ 米国では、すでに雇われない生き方のフリーランサーが35%に及んでおります。フリーエージェント社会は、組織から離れ雇われない生き方を進めております。
世の中全体が垂直統合から水平分業に移っていきます。

一方、アフリカ、南米などの地域では、銀行の支店網は大都市を離れれば離れるほど、ほとんど存在せず、そのため、銀行預金を持つ人の比率は非常に低い。こうした地域では、IT が金融に与える影響は、全く違う形となります。ケニアのエムペサがその代表例です。
中国においても、フィンテックは金融の世界を変えつつあります。銀行の支店網やクレジットカード利用が発達していなかったので、新しい金融技術が急速に広がっているのです。第三世界ほど新しい技術を受け入れやすいと云う皮肉な現象が生まれております。

UberやAirbubはシェアリングエコノミーで新しい可能性を拓きつつあります。ライドシエアリンクやシェアリング民泊などは、すでに同分野の伝統的企業を追い抜いています。 日本は規制が多いから、シェアリングエコノミーは普及しにくい。例えば、白タク禁止や旅館業法など。

■「ディープラーニング」と「AI」が情報化社会の次の主役となるでしょう。
ディープラーニングて急激に進歩する AI
ユニコーン企業の次の段階の事業体として、人工知能やブロックチェーンを用いる新しい企業が、水平線上に姿を表している。それらは、我々の生活と社会の構想をどう変えていくのでしょうか?

人工知能については、脳科学を勉強してきた私にとって限界を感じざるを得ない。以前にも説明したが人体は40億年の生命の歴史のなかで語り継がれた複雑極まりない存在です。脳細胞が1千数百億個存在し多様で複雑な伝達様式を持っていることをみれば人工知能を安易に祭り上げるわけにはいかない。

AIはむしろ人間の不得手な部分を補う拡張機能だと理解した方が分かりやすいと思うのです。また、「人間拡張工学」は非常に役に立つ学問だと思います。伸びる手足、瞬間移動、分身ロボットはスーパーヒューマンを生み人間はSFを超えるかもしれない。
また、ディープラーニングは人間の記憶と云う限界の壁を突破して色々な方面に役立っています。

■ 哲学者,John Zachary Young
生命科学を学んだ哲学者として私が最も尊敬するJohn Zachary Youngの次の言葉は、正に自然の法則そのものを語っており、これを知らずして人工知能を語ることはできないと思っています。

 生の営みの重要な特徴は、可能性のレパートリーに中からの「選択」によって生存を目指した活動を行いうる能力にある。バクテリアは可能性の小さなセットの中から生存を目指した選択をし、人間は可能性の高次元で多様なセットから選択している。

 生の営みは思考に先行している

 私の脳は一つのものであり、脳がなければ私は何者でもない。人格が脳から分離できないとすると両者のうちどちらが他方をコントロールしているかを問うことは無意味である。私達はそのような問題で頭を悩ますべきではなく、どうすれば自分と脳を最も長く記述できるのか、また生命の質を高めるためにどうしたら良いかのために私達のエネルギーを使うべきである。

 探索・目的・選択・決定が生命を支えるシステムに組み込まれている。選択し決定し行動する能力はすべての生物に共通の特徴である。

 生を営む存在は生存に方向付けられた活動を行っている。目的追求は明らかに「生物学的機構の本姓であり、客観的なシステム特性である」。

■ ここで前にもご紹介した「ある投資コンサルタント」の警告を復唱します。
まだインターネットが使えない人がいる。主に高齢者や貧困層が時代に取り残された。
彼らは「自分には無縁だ」「分からないから使いたくない」という意識が強いので、いつでもインターネットを使える環境を整えられたとしてもそれをしない。その結果、完全に時代に取り残されて不利益の中で生きている。

今 まさに、時代に取り残されようとしている人たち

もちろん、インターネットができなくても、現代社会で生きていこうと思えば生きていける。現に、高齢者の中には「一度もインターネットなるものを使ったことがない」という人も多い。
自分たちの子供や孫がそれを使って楽しんでいるのを横目で見ながら、あるいは街で若年層がスマートフォンで何かしているのを見ながら、自分たちは絶対にしない。

それで生きていけないのかと言われれば、そんなことはない。生きていける。しかし、この時代にインターネットを使わないで生きるというのは、あまりにも非効率で前時代的で危険な生き方だ。

未来, 脳科学

生命の誕生は40億年前と云われます。人類の出現が30万年前とすれば、生命の歴史40億年からすると、人類の歴史はわずか0.75%でしかありません。どう考えてもこれだけの期間でこの複雑な生命体が進化するとは考えにくいことです。 初期は、単細胞微生物が長い歴史のなかで進化し、しかもそれは海中の藻や地上の植物との共存関係の中で進化し続け、やがて多細胞生物との共生関係の中で急速に進化したのです。しかもその進化は人類(宿主)、この複雑な生命体との共生の中で宿主自体の神経系・脳とのコミュニケーションと云う高度な機能で宿主自体の進化を応援したのです。

単細胞微生物の合体により真核生物が誕生する(20億年前)

当時の細菌の中には酸素を利用してエネルギーを作り出すものがいました。原始真核生物のあるものはそのような細菌を体の中に取り込み,共生することにより酸素を利用できるように進化しました。それにより,それまで毒物であった酸素を利用して大きなエネルギー(酸素を使わない場合に比べて約20倍)を獲得する能力を身に付けたのです。また,光合成を行う細菌と合体し共生するようになったものも出てきました。このような進化は多くの試行錯誤の中から偶然生存に都合のよいものがでてきたと考えられています。

現在,初期の生命(生物)に関しては原始生命体と共通祖先(LUCA)という概念があります。時系列的には化学進化→原始生命体→共通祖先ということになりますが,原始生命体は化学進化のどこで生命の線引きをするかという概念であり,共通祖先は生物を遺伝子解析から系統づけた結果として生まれた概念です。両者は時間的なギャップと同時に概念の相違があります。生命は原始生命体に始まりますが,生物進化は共通祖先から始まるということです。

このことから,なんらかの原因で大きな細胞をもつ真核生物の中にシアノバクテリアや好気性バクテリアが入り込んだ(取り込まれた)と考えられています。現在主流となっている細胞共生説では,真核生物の細胞はそのようなバクテリアに安定した環境を提供する代わりに,彼らの産生する有機物やエネルギーを利用する共生関係が形成されたとしています。

現在の生物においても共生はごくあたりまえのことです。もちろん,最初から何かを補完しあう関係であったというより,一方的な寄生状態から始まった関係が多いと考えられます。

寄生生物が宿主から一方的に搾取する関係を続けていると,宿主の方にもそれに対する防御反応が発生します。また,あまりにも宿主に過大な負担をかけると宿主の死を招いてしまうことにもなります。つまり,一方的な寄生は長続きしないことになり,時間とともに共生関係に移行していくものと考えられます。最初の動物(多細胞動物)はカイメンであると考えられています。

人類の出現は従来20万年前とされていましたが、2017年6月、仏古人類学者のジャンジャック・ユブラン氏の原始人の頭蓋骨発見により30万年前と修正されました。

哲学者,John Zachary Young は以上述べた生命の進化の歴史を生命に本来備わった性格、つまり自然の法則について言い当てているのです。

Youngから学んだ断片

■ 生の営みの重要な特徴は、可能性のレパートリーに中からの「選択」によって生存を目指した活動を行いうる能力にある。バクテリアは可能性の小さなセットの中から生存を目指した選択をし、人間は可能性の高次元で多様なセットから選択している。

■ 生の営みは思考に先行している

■ 私の脳は一つのものであり、脳がなければ私は何者でもない。人格が脳から分離できないとすると両者のうちどちらが他方をコントロールしているかを問うことは無意味である。私達はそのような問題で頭を悩ますべきではなく、どうすれば自分と脳を最も長く記述できるのか、また生命の質を高めるためにどうしたら良いかのために私達のエネルギーを使うべきである。

■ 探索・目的・選択・決定が生命を支えるシステムに組み込まれている。選択し決定し行動する能力はすべての生物に共通の特徴である。

■ 生を営む存在は生存に方向付けられた活動を行っている。目的追求は明らかに「生物学的機構の本姓であり、客観的なシステム特性である」。

■ DNAは脳の内部あるいは背後にある行為者とみなされるべきだ。

■ 生を営む脳の活動は、自分自身の過去の来歴から情報を得て、生物体の生命の維持する企ての中で絶えず送り出す支持群に変えていく組織化されたダイナミックなシステムと考えるべきだ。この意味では単なる物質的対象ではない。

■ 人間の心は脳の働きでもあり神経細胞及びそれに関連する分子の相互作用で説明できる。自分自身は数多くの神経細胞集団の働き以上のものではない。

この投稿の目的は「腸と脳」体内の会話は如何にあなたの気分や選択や健康を左右するか—エムラン・メイヤー著の紹介でした。図らずも予備知識の説明にとどまってしまったのですが、いずれ本題に言及したいと考えています。副題に示された通り、あなたの肉体と精神の健康に必ず参考になる内容だからです。

追記:今週はメニューの「ツイート」に新しい記事を掲載します。ぜひご覧ください。