ツイート

シンガポールでの日ロ首脳会談の内容について色々な憶測が飛んでいます。これは安倍首相が正確な会談内容を明示せず、自らの思惑ばかり語っているからに他ならない。

このため殆どの報道は「2島か4島か」「主権と帰属の関係性」などに話題が集中している。
現在のところ朝日新聞とTV朝日が最も掘り下げているように見える。11月15日のTV朝日羽鳥モーニングショーの小泉悠氏(未来工学研究所特別研究員)とテレビ朝日の玉川徹さんの発言が当を得ているようにみられる。

小泉氏:今回の会談では日本の方が歩み寄った。東方経済フォーラムでのプーチン発言は「今思いついた」のではなく、前もって日本側に話が有ったとみるのが妥当だ。

玉川氏:2島か4島かの問題以前に、この交渉自体が日ロの問題と云うより日米の問題だ。日米地協定がある限り安倍首相の一存で米軍基地を返還後の島に置かないと云えないだろう。北海道に米軍基地がないことは十分承知している。(安倍首相は)南は沖縄米軍基地、北は自衛隊基地と云うすみ分けで考えているのだろう。(トランプ大統領のサイン入りの合意文書が求められている)

田崎氏:佐藤優氏の云っているダブル選挙はあり得ない。そんな余裕はない。来年6月のプーチン来日までに大枠合意が「任期中の条約締結」へのぎりぎりのラインだろう。

ところが、ここにきてスプートニク日本が11月16日に大変興味深い報道をながしている。

モスクワで1956年10月19日、日本とソ連の戦争終結、外交及び領事関係回復に関する日ソ共同宣言に署名がなされた。

ソ連政府は、ソ日共同宣言第9項で、平和条約締結後にシコタン島とハボマイ群島を日本に引き渡すことで同意している。

ソ日共同宣言は、1956年12月8日に両国によって批准されたが、1960年に日米安全保障条約が締結されたのを受け、ソ連は島の引き渡しに関する義務を取り消した。

(以上を踏まえて次のプーチン大統領の発言を聞くと、日本人が理解している受け取り方と全く異なる意味であることがわかるはずだ。)

プーチン大統領は15日、シンガポール訪問を総括し、次のように語った-
日露首脳会談「極めて重要な進展あった」日本は妥協のシグナルを送ったのか?
「我々は、まさに1956年の宣言を基礎に私たちの日本のパートナーとの対話を再開した。これを我々に求めたのは私たちの日本のパートナーだ(中略) 我々は、本日までに形成されたことのすべては、第二次世界大戦後の作業結果でゆるぎないものとされた国際的な法的文書を基礎に形成されたと考えている。一方、ご存知のように、日本は問題を違う見方で捉えている。我々は、日本と作業する用意がある」。

(ここで「日本と作業する」と云うのはどう云うことか?。歴史的外交文書の確認作業ではないか、そこには「1960年に日米安全保障条約が締結されたのを受け、ソ連は島の引き渡しに関する義務を取り消した」が当然含まれる。ここに突き当たれば当然米軍基地の問題がクローズアップしてくるだろう。プーチン大統領は徹底的にこの問題で攻めてくるだろう。安倍首相はそれに耐えられるだろうか?中国も含めた国際問題に発展しかねない)
もしこのように推移すれば、隠蔽や嘘で取り繕う性質の問題ではなくなるだろう。

ツイート

14日シンガポールで行われたロシアのプーチン大統領と安倍首相との領土交渉で重大な問題を隠しているのではないか?

プーチンが「2島返還の際しては2島に米軍基地を置かないと云う日米合意文書にトランプ大統領のサインを取ってくることが条件だ」と発言したと云う。
この事に関連する報道は15日のTV朝日羽鳥モーニングショウでも有った。
新聞の番組紹介では「北方領土に米軍置くな!日米合意なら変改」と書いてあった。

しかし他の報道機関では一切報道されていない。口止めされているのではないか?

TV朝日では14日には「トランプのサイン」と明言していたが15日の報道では一歩後退し「トランプのサイン」は抜きで「2島に基地を置かない」とだけ云っている。

この難問をどうやって解決するのだろうか。日米地位協定がある以上難しく、どうやってクリアするのだろうか?

隠す気持ちも、如何に焦っているかもよく分かる。安倍首相はジリ貧の中でなんとしても手柄をたてたい気持ちだろう。