健康

シカゴのラッシュ大学アルツハイマー病センターで3200人以上の追跡調査で得られた、
この調査結果をもとに、下記の「年をとっても脳の健康を維持するための10か条」を発表した。

1.いい両親を選ぶべし!良い遺伝子をもらって、十分な教育を受ける機会や外国語と音楽を学ぶ機会もしっかりもらおう。

2.脳の認知機能や体をいつも使うよう心がけよう。

3.社会とのつながりを保ち、さらに強めていこう。

4.外に出て新しいことに挑戦しよう。

5.落ち着いてリラックスし、幸せを感じよう。

6.会って気の滅入る人は避けよう。特に家族の場合は要注意!。

7.誠実で勤勉であれ。

8.有意義で目的意識を持てる活動に参加しよう。

9.新鮮な野菜や果物、魚が中心のMIND(野菜、全粒穀物、ナッツ類など)食を食べよう。

以上生活習慣がアルツハイマー病の発生率に大きく影響することがわかっている。これらの生活習慣がアルツハイマー病の予防と進行阻止に大きく関わっていることが証明された。高齢者の脳にも効果を発揮する。

アルバート・アインシュタイン医科大学の神経学者のカッツマンは、米国医師会の機関紙に画期的な論説を書き、アルツハイマー病を「重大な死因」と断じた。

アルツハイマー病はそれまで考えられていたよりはるかに一般的な病気であることを示唆している。
認知的予備力を高めることが、複雑に絡まりあったアルツハイマー病のメカニズムの解明を続ける一方で、年齢によって生じる異常に対抗する力を脳に備えるため、これまでにわかっていたことに基づいて、発症予防に注力することは理にかなっている。

年をとってからできる対策として、バイオリンを演奏できず、母国語以外話せなくても、心配する必要はない。若い頃に受けた教育だけが認知的予備力を培う機会ではないのだ。大人になってからの生活の中にも、健康寿命の延長につながる様々な要素があることを研究者たちは発見した。その一つは、通常「生きがい」と呼ばれるものだ。

「生きがい」とは、人生における様々な経験に意味を見いだし、明確な意志や目標を持つ精神的傾向のことで、幸せな状態の指標となる。

生活

日本との外交関係を樹立して2011年で25周年を迎えるブータン。本年は10月にご成婚されたジグミ・ケサル国王陛下と王妃陛下が11月に来日されます。国民総幸福量(GNH)という独自の考え方を国家の指標として打ち出し,世界中から熱い視線を集めるブータンとはどのような国でしょうか。

■仏教が息づくヒマラヤ奥地の王国
ブータン
ヒマラヤを背にしたブータン北部の町 写真提供:関健作/JICA
ヒマラヤ山脈南麓に位置するブータン王国は,九州とほぼ同じ面積(約3.8万平方km)でありながら,北部の高山帯は海抜7,000m以上,南部の亜熱帯は300mと標高差の厳しい地勢を持ち,多種多様な生物が生息しています。インドと中国という大国に挟まれた国土に生活する約70万人の約8割はチベット系住民ですが,ネパール系住民や少数民族も暮らす多民族国家です。正式な国名は,国旗にも描かれた竜の国を意味する「ドゥック・ユル」で,チベット系仏教(ドゥック派)を「国家の精神的な遺産」としています。宗教建築物や人々の習慣など生活のいたるところに仏教が根づいていますが,ヒンドゥー教など他の宗教の自由も保障されています。就労人口の約6割が農業に従事し,公用語はゾンカ語,普通教育はほぼ英語で行われています。(外務省HPより)